実験動物コンファレンス会則

第1条(名称)
本会は、実験動物コンファレンスConference on Laboratory Animal Science(CLAS)と称する。
第2条(事務局)
      本会は、事務局を東京都武蔵野市境南町1−7−1、日本獣医生命科学大学・獣医学部・獣医保健看護学科・基礎部門内におく。
第3条(目的)
本会は実験動物等に関する人材育成と会員相互の親睦を図ることを目的とする。
第4条(会員)
      本会の会員は、正会員、準会員(学生)および名誉会員とする。(1)正(準)会員は本会の主旨に賛同し、会費を納入した個人。(2)名誉会員は特に本会に功績のあった者。
第5条(入会・退会)
      入会希望者は、所定の入会申込書に年会費を添え申し込みをする。但し、1ヵ年以上会費を滞納した場合は退会とする場合がある。なお、退会にあたっては退会届を事務局に提出する。
第6条(会費)
正会員は、2千円の年会費を年度内に納入しなければならない。但し、準会員および名誉会員からは会費は徴収しない。
第7条(役員)
   役員は会長の選任により、副会長、理事および監事(20名以内)をおく。監事は総会において会計監査報告を行う。各役員の任期は2年とする。但し、新役員が選出・承認されるまでは、2年以後も旧役員が本会を運営する場合がある。
第8条(委員会)
      会長の委嘱により、目的の推進のため、随時、委員会がおける。
第9条(総会)
      総会は正会員総数の1/4以上の出席(委任状を含む)をもって成立する。定時総会は、年1回とし、重要事項を決定する。その他、必要に応じて会長は臨時総会を開催することができる。
第10条(会則の変更と解散)
      会則は、総会の承認を受けて変更することができる。本会の解散は総会で決するものとし、出席者(委任状を含む)の3/4以上の同意を得なければならない。
第11条(会計)
        本会の会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

付則 1.本会則は平成6年4月1日より施行する。
2.本会則は平成7年4月1日より一部改正し施行する。
3.本会則は平成13年4月21日より一部改正し施行する。
4.本会則は平成14年4月27日より一部改正し施行する。
5.本会則は平成15年4月26日より一部改正し施行する。
6.本会則は平成18年4月22日より一部改正し施行する。
7.本会則は平成19年4月21日より一部改正し施行する。
8.本会則は平成21年4月25日より一部改正し施行する。
9.本会則は平成31年4月1日より一部改正し施行する。


トップページに戻ります。