93回実験動物コンファレンス



期日:平成28年12月17日(土)   場所:日本獣医生命科学大学・C棟501
参加費:会員・学生・日獣大職員(無料)、非会員(2,000円)

内容:
一般講演 10:00-11:00        座長:横須賀 誠(日獣大・比較動物医学教室)
1.過剰量のグルタミン酸ナトリウム投与により作出した肥満モデルマウスにおける肥満の原因解明に関する研究
山本 あんな (日獣大・実験動物学教室)

2.プロテアーゼ活性化型受容体2 (PAR-2) アゴニストの唾液分泌促進作用と得られた唾液のサンプルとしての可能性
佐藤 巧 (日獣大・実験動物学教室)

3.微生物モニタリングにおける新しい技術の紹介 - EAD testing
丸山 滋(日本チャールス・リバー(株)モニタリングセンター)
 
特別講演 11:00-12:00           座長:小久保年章(放射線医学総合研究所)
培養法検討から始まった"CARバチルス"学名命名
池 郁生((独)理化学研究所 バイオリソースセンター)  

教育講演                座長:桑原吉史(北山ラベス(株))、森村栄一
13:10-14:10
動物実験における環境エンリッチメントの現状と今後
小山公成(アステラスリサーチテクノロジー(株))

14:15-15:05 
日本チャールス・リバー株式会社における動物福祉に基づいた飼育管理と動物実験
- the Guide 8th edition への対応を中心に –
志津野 博(日本チャールスリバー(株)) 

話題の広場 15:20-16:20             座長:藤平篤志(日獣大・実験動物学)
1. 実験小動物用麻酔装置のご紹介
田中 勝((株)夏目製作所)
2.マウス・ラットにおけるバイタルサインモニターの使用方法
橋浦 正之((株)ハクバテック・ライフサイエンス・ソリューションズ)
3.小動物におけるCO2安楽処置装置について  
橋本 崇史(バイオリサーチセンター株式会社)

懇親会:16:40-18:20
日本獣医生命科学大学 生協食堂  会費:3,500円