81回実験動物コンファレンス開催案内

 

第81回実験動物コンファレンス

日時:2010年11月6日(土)10:00〜17:00(懇親会17:00〜19:00)
場所:日本獣医生命科学大学 D棟2階211講義室 会場が変わりますのでご注意願います
会長:橋和明(日本獣医生命科学大学)
副会長:天尾弘実(日本獣医生命科学大学)
参加費:会員・学生・日獣大職員(無料)、非会員(2,000円)

プログラム
9:30 受付開始
10:00〜10:05 開会の辞                天尾弘実(日獣大)

博士号取得講演
座長 天尾弘実(日獣大)
10:05〜10:35 Monosodium glutamate (MSG) 誘発肥満2型糖尿病マウスの重篤化と高脂血症薬Bezafibrateによる治療効果に関する研究
佐々木敬幸(動繁研)

一般演題
座長 上田英夫(残農研)
10:40〜11:00 マウスにおけるシスプラチン投与による腎機能障害および摂食抑制
○ 長孝一郎1)、藤平篤志2)、三上隼人1)、川角浩1)、
篠田元扶2)、天尾弘実1)(1)日獣大、2)獨協医大)
11:00〜11:20 肝細胞がんモデルの可能性の検討:犬の1例と文献的検討
◯金井孝夫1)、小川 高2)、上芝秀博1)、大西直子1)
(1)東京女子医大、2)小川動物病院)
11:20〜11:40 2009年のマウスおよびラットにおける微生物モニタリング
◯須田大介1)、若園邦子1)、久保村華子1)、岡島泰夫1)、熊谷博行1)、齋藤 學1,2)(1)メルシャンクリンテック、2)バイオメディカルサイエンス研究会)

休憩(昼食)11:40〜13:00


シンポジウム
実験動物の飼料 −過去・現在・未来−
座長 森村栄一(日本チャールス・リバー)
                   佐々木敬幸(動繁研)
13:00〜13:40 実験動物飼料の現在過去未来
 桑原吉史(オリエンタル酵母工業)
13:40〜14:20 実験動物飼料製造の立場から  
加々井智子(オリエンタル酵母工業)
14:20〜15:00 病態モデル作製で使用される実験動物用飼料について
新井健史(エルエスジー)
15:00〜15:15 フリーディスカッション

休憩15:15〜15:30
話題の広場
座長 金井孝夫(東京女子医大)
15:30〜15:55 AVS細径内視鏡システムAE-C1のご紹介
畠山美香(AVS)
15:55〜16:20 マーシャル社のフェレット・ビーグルの紹介
安倍宏明(マーシャルバイオ)
16:20〜16:45 機能性食品素材における受託試験事業ならびに床敷材「パルマス」の紹介    青山美子(天然素材探索研)

16:45〜17:00 講評・閉会の辞
高橋和明(日獣大名誉教授/実験動物コンファレンス会長)

17:00〜19:00 懇親会(日獣大カフェテリア) 会費(3,000円)


お願い
 会の進行を妨げるような行為並びに録音や写真撮影などはご遠慮願います。

実験動物コンファレンスの過去の開催内容はこちらです

トップページに戻ります。